ドラマ

【東京MER】鈴木亮平の過去の事件の内容とは?仲里依紗は元妻?画像

2021年7月3日放送開始のドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」こと東京MER。

まるでブラックジャックのような鈴木亮平さん演じる喜多見幸太(チーフドクター)の過去の事件というのが何やら怪しいですね。

また、元妻は仲里依紗さん?という噂も一緒に見ていきましょう。

【東京MER】鈴木亮平の過去の事件の内容とは?

ドラマ「東京MER」では、事故、災害、事件などの現場へ出動し、患者を救命するために誕生した東京MERメンバー。

その中の1人、鈴木亮平さん演じる喜多見幸太(チーフドクター)が率先して人を助ける姿に胸を打たれた方も多いかと思います。

そんな鈴木亮平さん演じる喜多見幸太ですが、過去の事件が話題となっています。

【東京MER】鈴木亮平の過去の秘密は2つ

主人公を演じる鈴木亮平さんですが、2つの過去の秘密が明らかになっています。

  1. 幼少期の乱射事件
  2. 石田ゆり子さんがコメントした秘密

それぞれ確認していきましょう。

【東京MER】幼少期の乱射事件

鈴木亮平さん演じる喜多見幸太(チーフドクター)の過去の事件の1つ目として、小さい頃の事件があります。

子供の頃に、家族で買い物へ行った際に銃乱射事件で両親を亡くした事故に遭っています。

その時、鈴木亮平さん演じる喜多見幸太(チーフドクター)と妹の佐藤栞里さん演じる喜多見涼香は生き延びます。

現場へ救助が着いた時はまだ母親の息がありましたが、残念ながら搬送される前に亡くなってしまいます。

その経験があり、鈴木亮平さん演じる喜多見幸太(チーフドクター)は、患者が搬送される前の現場へ行き、1人でも多くの患者の命を救おうと奮闘しています。

【東京MER】石田ゆり子さんがコメントした秘密

鈴木亮平さん演じる喜多見幸太(チーフドクター)の過去の事件には、もう一つ他の大きな事件があるようです。

鈴木亮平さんをチーフに任命した石田ゆり子さん演じる赤塚梓(東京都知事)から、鈴木亮平さんへ何やら忠告している場面がありました。

あのこと、バレたら終わりよ

その内容は何なのか気になるという声が出ています。

何やら過去の事件がわかることで、この先の展開が変わっていきそうですね。




【東京MER】仲里依紗は元妻?画像

また、鈴木亮平さん演じる喜多見幸太(チーフドクター)は離婚歴がある事を妹の佐藤栞里さん演じる喜多見涼香に暴露されています。

奥さんも本当はいたんですけど、逃げられちゃったんです。

そして、仲里依紗さん演じる高輪千晶なのではないかという声が上がっています。

実際、1話目の終わりでは元妻かもしれないような雰囲気でしたね。

まとめ

以上、「【東京MER】鈴木亮平の過去の事件の内容とは?仲里依紗は元妻?画像」でお送りしました。

今後のドラマ「東京MER」でいずれ明らかになっていくと思われますが、気になる点もたくさんあり見どころ満載のドラマですね。